ブログ

工場の機械たち11

おはようございます。今朝はだいぶ冷え込んでいましたね。工場の寒暖計は、マイナス5度でした。今日のマシーンというか、設備といったほうがいいと思います。字彫りの小屋とブラストの設備です。また、当社の職人は全員字彫りのスペシャリストです。Exif_JPEG_PICTURE

石に字や模様を彫るには、熟練の技が必要です。また、その職人の感性や、手質でだいぶ仕上がりが違ってきます。それと、もうひとつのこだわりは、正面の字は書家さんの字にこだわります。やはりコンピューターの字はどこか冷たい感じが私はするからです。お客様にも書家さんの字を進めます。仕上がりはこうです。

Exif_JPEG_PICTURE

楷書と行書でも彫り方はちがいます。習字で紙に書いているのと同じで、筆の強弱がわかるように見せるのが熟練のプロの技です。

Exif_JPEG_PICTURE

字彫り小屋の中に手を突っ込んでノズルを筆代わりに持って石を彫ります。ノズルからは、エアーと一緒に人工ダイヤモンドを吹きつけながら丁寧に彫っていきます。

 

ブログ|2016年02月08日