ブログ

工場で加工のつづきと現場

おはようございます。いよいよ梅雨入りしましたね。天気にいいのも今日までのようなので現場仕事頑張ろう。また、私事ですが、明日9日早朝から香川県に出張に行ってきます。それは関西の石材産地の香川県高松市庵治で開かれる展示会を視察するためです。片道7時間のドライブです。その日は淡路島に泊まり10日夜帰る予定です。展示会と旅の様子はまた報告します。それと明日からうちの次男坊の自転車部の大会が始まります。この大会の結果次第でインターハイの出場が決まるので頑張ってもらいたいです。

 

畑の中の現場も石碑が建ちました。ブルーのシートをかぶしてあります。

 

お墓の後ろからです。構造物は大体据えきりました。あとは玉垣やら灯篭やらです。

 

お墓の前の入り口部分も敷石を据えます。その基礎工事です。本体の基礎にアンカーを打って鉄筋を出し配筋します。

 

組み加工した上に甲ピン石が据えてあります。強度は完璧です。

 

雨の時の工場の様子です。ワイヤーソウで石を切っている所です。9尺の長さを3時間掛けた切ります。もう少しで切り終わります。

 

 

きれいに仕上がりました。インド材の五輪塔です。このあと梵字を彫り込みます。

 

灯篭の笠石です。これもあとは現場に据え付けるだけになっています。

 

銘石山崎石を磨いています。とても高価な石です。仕上がると安山岩の味のあるグレーの色合いがとてもいいです。

 

ピントが手前の鉄の棒に合ってしまいました。山崎石を加工していました。

 

ブログ|2018年06月08日