ブログ

我が社の自慢

Exif_JPEG_PICTURE

おはようございます。とても暖かい朝ですね。工場の寒暖計が5度を示しています。2月というのにやはりおかしいですよね。さて、今日は我が社の自慢をしたいと思います。それは厚生労働省石材加工1級技能士が4人、また、2級技能士が1人、それとこの前1級技能士の技能試験にチャレンジしてまだ結果がわからない職人が1人という会社です。この様に、お客様の安心の目印をつくるために頑張っています。石に精通した職人が原石から加工して製品にしている会社です。また、私の持論ですが、工場での加工、仕上げの良し悪しがわからなければ、現場でもいい仕事はできないと思っています。お墓の現場でどんなに格好がいいお墓を丁寧に造っても欠陥のある加工、また素材であればなんの意味もないからです。工場でお客様の石と向き合う時間がとても大切です、その時間が石へ愛着が生まれ、造り側も生んだ張本人なので一生かわいく思うのです。私やうちの職人がそうです。

Exif_JPEG_PICTURE

それと、この前、加工していた役物の仕上がったものです。

Exif_JPEG_PICTURE

もうひとつ 途中ですが、

Exif_JPEG_PICTURE

つづく

 

ブログ|2016年02月13日