ブログ

新しいお墓の形態

おはようございます。今日はどんより雲がありすっきりしない天気ですね。週末は雨模様,、明日の地元の中学校の入学式、雨の予報か~。また、うちの事務所の飾りが雛人形から兜に変わりました。季節を感じられます。さて、少し前ぐらいからお墓の造り方が変わってきてます。それは人工減少のあおりか、一人っ子同士の結婚や、一人娘がお嫁に行ったなどで石碑に字などを刻む時にいろいろ考えさせられます。今回もお客様と相談して工夫して建てさせて頂きました。

 

朝の材料の積み込みです。本当は段取りを考えて夕方積んでおけばいいのですが、物が石なのでトラックが可愛そうなので朝積みます。

 

石碑が建ちました。開眼供養の時まで白い専用の袋をかぶしておきます。二つの家族が使う石碑です。なので正面は先祖代々の墓にしました。どちらも必ず先祖はいますので。

 

家紋を彫る時には、二つの家族の紋を彫りました。これでお墓の中でも仲良く出来ますね。

 

向かいの工場のたぶんみつばつつじが満開に咲いてます。

 

ブログ|2018年04月05日