有限会社依田石材店

お墓のリフォーム

こんにちは、高校野球山梨大会が始まりましたね。うちの次男坊が高校3年ですが、少年野球、中学野球と一緒にやった子供たちが県内の高校に行って頑張っています。最後の晴れ舞台、がんばってほしいですね。また、現場はお墓のリフォームを始めました。回りをブロックで囲ってありました。石碑はそのままにして、崩れかけていたブロックだけ取り除きます。

 

そして、型枠をして、コンクリートを流し込み新しく石を据える所へ基礎を打ちました。

 

工場では石碑の正面文字が彫り終わっていました。これは書家さんの字です。最近ではコンピューターの字で石碑に彫っている所がありますが、うちでは正面文字は必ず人の字を使います。人の字の方が味がありますから。

 

仕上げ場の様子です。

 

深緑の中の愛車です。かっこいい。

ブログ|2019年07月08日

足やひざの痛い方に優しいお墓が完成しました。

こんにちは、どんよりした空模様ですが何とか現場に行ってます。そして、下の写真は玉垣を据えている所です。

 

このあと敷石を据えます。それにしても福島県産の御影石青みがあってきれいですね。

 

そして、仕上がりました。右横から、自慢の自社加工品です。石碑はインド材の黒御影石です。

 

お参りがしやすい平らな敷石、また、足やひざが痛い方などがお線香を手向ける時に座らなくていいように高い位置に香炉を置くように造ってあります。

 

この副碑は奥様が亡くなられたご主人様に向けて、思いを刻みたいという事で造りました。思い入れのあるいいお墓になりました。開眼供養、納骨式などは今週末ですが、仕上がったお墓を見て頂きたいへん喜んで頂けました。私もとてもうれしかったです。

ブログ|2019年07月05日

強固な基礎造り

おはようございます。昨日からのニュースでは九州地方が大雨でたいへんな事になっているようですね。災害が起きているようなので心配です。また、我社の現場の状況ですが、新しい現場の基礎工事を始めました。まずは住職にお経を上げて頂き、以前からあったお石塔の魂抜きをして頂きました。そして、石碑の台や、芝台などを処分しました。そして棹石はお墓を造ったらその中に納めさせていただきます。

 

床掘りがおわり、型枠の内枠を入れた所です。このあと配筋作業です。

 

工場では国産材を手動研磨中。

 

ここで始まった現場へ持っていく石碑の下に据わる芝台を加工していました。面取り機で面をていねいに造っていました。

 

字彫り小屋の中を覗いてみたら、納骨室のフタ石に富士山を彫っています。

 

門柱に家紋を彫りました。

ブログ|2019年07月03日

強固なはめ込み加工

こんにちは、ぐずぐずした空模様とでも言いましょうか、はっきりしない天気が続いてますよね。そして、昨日で今年も半分終わりました。あと半分の時間を目標を持ってお仕事がんばりましょう。また、現場の様子ですが外柵を組んでいます。我社自慢の横と前の積立石をホゾ加工してはめ込んでいます。上に石が乗るのではめ込んである所は見えなくなりますがここが大事です。

 

納骨室もはいりました。

 

クレーンで慎重に石を据えていきます。

 

甲ピン石まで完了です。段々完成が見えてきました。

ブログ|2019年07月01日

お墓を造る。

こんにちは、今日は午後からの出勤です。午前中は早くからうちの三男坊が所属している中学野球チームの公式戦の応援に行ってきました。結果は残念ながら負けてしまいました。そして、午後からは現場に行ってきます。また、外柵を組んでいる途中です。内側を補強するため、コンクリートを入れます。その型枠作業です。

 

工場の仕上げ場では次に行く現場の外柵の造形済みの部材が置いてありました。

 

門柱のR面を磨いています。

 

お寺の入口に佇むDATSUN。

ブログ|2019年06月29日